シートマスク・パック

【ももぷり3種比較】ミルクジュレシートマスクを使った口コミ!

ももぷりの「ミルクジュレマスク」を購入しましたー!

こちらは8月中旬発売の新商品なのですが、PLAZAで先行発売されて早めにゲットできました^^

ももぷりのシートマスクといえば去年発売された、「ぷるジュレマスク」という商品が人気で、新しくミルクジュレマスクが出るならいい機会かも!と思い、比較するために両方購入。

ついでに、2019年夏限定のピーチソルベマスクも買ってみました。

1番良かったのは普通のぷるジュレマスク

ぷるジュレマスクのパッケージにシールが貼ってある通り、こちらはあの辛口雑誌LDKtheBeautyでベストバイになったシートマスクなんですよ〜(´艸`*)

ももぷりシリーズは

  • 塗る乳酸菌
  • 桃セラミド

を配合したスキンケア。なんといっても桃のいい香りがたまりません!本物の桃というより、ジュースのネクターのような香りです♩

価格は4枚入り756円なので、1枚辺り189円。激安!というわけではありませんが、個包装だったり、塗る乳酸菌や桃セラミドなど珍しい成分が入っていることを考えると、決して高くはないと思います。

ただ、個包装なのでシートマスクが小さく折りたたまれて入っていて、広げるのに結構時間がかかりました(´∀`;)

一刻でも早く水分を!という方は、ブースター美容液を準備しておきましょう。

ももぷり「潤い濃密ミルクジュレマスク」について

潤い濃密ミルクジュレマスク
4枚入り
756円(税込)
濃密ミルクジュレたっぷり、ふっくらシートの濃密マスクです。肌バランスを整える乳酸菌と、ジューシーな潤いの桃セラミドの2つの美容液成分を配合。濃密なミルクジュレがたっぷりの潤いで肌を満たし、しっとりやわらかな肌へ導きます。厚みのあるセルロースシートを採用。やさしいつけ心地と、濃密な潤いで肌を優しく包み込みます。

箱の中には個包装になったシートマスクが4枚入っています。

1枚はこんな感じで、小さくてコンパクト。

裏面には使用方法、全成分などが書かれています。

使用時間は3〜5分(乾燥が気になる方は10分程度)だそうです。

ももぷりの他のシートマスクと比べると、微妙〜にパッケージが違うのがわかります。

パッケージも微妙に違う

桃からタラーンと垂れている液が、ミルクジュレはちゃんとミルクっぽい色になってますね。

成分

全成分はこちら⤵︎

水、BG、グリセリン、PPG-10メチルグルコース、エンテロコッカスフェカリス、シロキクラゲ多糖体、スクワラン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、パルミチン酸レチノール、パンテノール、ヒアルロン酸Na、ピーナッツ油、フィトステリルグルコシド/グルコシルセラミド、ベルガモット果実エキス、マルチトール、モモ葉エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、オレイン酸Na、キサンタンガム、ソルビトール、ラウリン酸ポリグリセリル-5、水酸化K、水添レシチン、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料、シアノコバラミン

ももぷりシリーズは、

  • 塗る乳酸菌
  • 桃セラミド

という2つの美容成分をウリにしています。

塗る乳酸菌

肌の常在菌に着目した乳酸菌「EC-12株」を配合。まるで「塗る乳酸菌」で弾力ある素肌へ。

ここで「塗る乳酸菌」と言われているのはエンテロコッカスフェカリスのことで、保水剤として使われる成分です。

桃セラミド

国産にこだわった保湿美容液成分、桃セラミドを配合。たっぷり潤うスキンケア。

桃セラミドはフィトステリルグルコシド、グルコシルセラミドのことで、こちらも保湿成分だそうです。

毛穴ひきしめ・保湿成分

さらに毛穴ひきしめのためのベルガモット果実エキス、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、ビタミンA・E、桃葉エキスも配合されています。

使ってみた!

さっそく使ってみました!封を開けるとすぐさまネクター(笑)の香りが(´∀`*)

桃の香り!

ミルクジュレにひたひたになったシートマスクが、小さく折りたたまれて入っていました。

ジュレは22ml入っているということで、少なくも多くもなく・・かな?

広げるのが結構大変で・・・。お風呂上がりボーッとしている時なんかは、30秒くらいかかってましたね(´∀`;)

広げてみるとこんな感じ。

目の穴は丸く切り抜かれたタイプ。口の穴もです。

「ふっくら肉厚のセルロースシート採用」とのことで、確かにしっかりしています。

ですが「ふっくら肉厚」かなー?結構ふつうかな?

パッケージに残ったジェルを絞り出すとこんな感じ。白濁したジュレ!みずみずしくて、あまり乳液っぽくはないです。

シートが使いにくい!目の穴が寄りすぎ(笑)

さっそく顔に装着!すると、、、

うわ〜〜目と目が近すぎる〜!!穴も小さい〜!

ミルクジュレマスクのシート

画像で見てわかるとおり、目の穴の位置がおかしいです(´∀`;)寄り目っぽいというか、目の穴が内側についているので目頭部分が浮くんですよね。

逆に目尻はキワまであっていいんですけどね・・・。口の穴が小さいのも良かったです。

ぷるジュレのシートと比較

で、さすがにこれはおかしいな〜と思い「ぷるジュレマスク」のシートと比較してみたところ、全然違いました!( ゚д゚)

左:ミルクジュレ、右:ぷるジュレ

やっぱりミルクジュレマスクのほうは、目の穴小さいし寄ってました(´∀`;)

やっぱり〜。ぷるジュレマスクの方はシートの形、問題なく使えてましたもん。

シートマスクの形が違うことが判明しましたが、生地も違いました。

ミルクジュレはふっくらセルロースシート、ぷるジュレは密着ゼリーシート

ミルクジュレは表面にジュレがまとわりつくようなシート、ぷるジュレはシートにしっかりジュレが吸い込むように小さな穴が無数にあいているシートでした。

ぷるジュレの方がみずみずしく、肌にピターーっとフィットします。目の穴も小さくありませんでした。シートはぷるジュレ(ピーチソルベマスクも同じ)のほうが好きです。

使ってみて感じた効果

ということで、使いきりましたー!今回は、

  • ミルクジュレマスク
  • ぷるジュレマスク
  • ピーチソルベマスク

ローテーションしていたので、朝晩使用で1週間くらいで使い切りました。

ミルクジュレマスクは乳液タイプの美容液入りということで、

「油分も入ってるなら朝使えばこれ1枚でスキンケア完了できたりする?そしたら最高!」

などと考えていたのですが、保湿力は高くなかったですねー(´∀`;)

使用後の肌がモチペトっとなるのはいいのですが、表面だけ潤っていて内側まで保湿されていない感じがするんですよね。実際そのままメイクしたところ、鼻周りが粉吹いてしまいましたし・・・。

乳液タイプって初めてだったのでどうなんだろう?と思っていたのですが、今回使った感じだと私はふつうに化粧水タイプのシートマスクが好きだな〜と思いました。

乳液タイプのシートマスクといえばミノンが有名なので、いつかそちらも使ってみたいです。

3種比較!1番良かったのは?

先ほども書いたように、

  • ミルクジュレマスク
  • ぷるジュレマスク
  • ピーチソルベマスク

をローテーションして使っていました。この中で1番好きだったのは、ぷるジュレマスクです!!

通常バージョンが1番!

やっぱり定番品が1番でした^^

密着ゼリーシートがぶるんぶるんで、肌にビターーっとひっつく感じがまず好きです。つけた瞬間、「これ好きなやつだ!」と思いました。

ピーチソルベマスクはぷるジュレマスクに、少しだけスースー感がプラスされたもの。サボリーノの目ざまシートのスースーが強烈で苦手な私ですが、これは大丈夫でした!ほんのりスースーで、この暑い夏に気持ちよく使えました^^

これは2番目に好き

シートやジェルもぷるジュレと同じように感じたのですが、成分をみてみるとピーチソルベマスクには結構前のほうにエタノールが入ってます。なので、肌の弱い方はご注意くださいね。

そういう意味でも、通常盤のぷるジュレマスクが1番おすすめです!

まとめ

LDKtheBeautyでベストバイになった、ももぷりぷるジュレマスクの乳液バージョンが発売される!ということで試してみましたが、私は通常盤ぷるジュレマスクのほうが好きでした。

ジェル乳液では30代の肌は十分に保湿されませんでしたねー(´∀`;)

ぷるジュレマスクのほうが肌の奥まで潤うし、つけ心地も良かったです。だけどめちゃくちゃ保水されたか?というと、そこまでではないかな。

トーンアップや毛穴の引き締まりなども特に感じなかったので、ただ単に桃の香りを楽しむシートマスクとして使うのがいいと思いました。

この保湿具合なら1枚100円以下のシートマスクでもあるので、私はリピはしないかな。

ですが見た目がかわいく桃の香りも「うわーめっちゃ桃だ〜!」と感動するので、ちょっとしたプレゼントにはいいと思います♩

気になった方はぜひチェックしてみて下さいねー♩