リップケア

<口角炎>モアリップとヒビプロLPの違いは?どっちも使った私のおすすめは「併用」

\ ✨楽天マラソン開催中✨ /

口角炎になって唇が切れて痛い!

モアリップとヒビプロがいいみたいだけど、どっちがいいの?

モアリップ塗ってるけど全然治らない…

そんな方におすすめなのが、モアリップとヒビプロLPの併用。具体的には、日中にはモアリップを塗って、夜寝る前にはヒビプロLPをべったり塗ってパックする方法です。

キヌーナ
キヌーナ
2つ使うようになってから、早く治るようになったよ!

この記事では、

  • モアリップとヒビプロLPの違い
  • 使い分け方法
  • どっちか1つ買うなら…

について書いています。

モアリップとヒビプロLP、実は成分が同じ!

「唇のお薬」として人気のこの2アイテム。

  • 資生堂モアリップ(第3類医薬品)…699円(税込)
  • ロート製薬ヒビプロLP(第3類医薬品)…1,027円(税込)
キヌーナ
キヌーナ
モアリップのほうが有名で人気かな!

実はどちらも、成分が全く同じなのです!

モアリップ(1g中)ヒビプロLP
アラントイン5mgアラントイン0.5%
グリチルレチン酸3mgグリチルリチン酸0.3%
トコフェロール酢酸エステル2mgトコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)0.2%
ピリドキシン塩酸塩1mgピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)0.1%
パンテノール5mgパンテノール0.5%

ヒビプロLPがパーセンテージ表記でちょっとわかりにくいのですが、実質同じ量入ってますよね?

違い①テクスチャ

1番違うのはテクスチャー。

  • モアリップ⇒白くて伸びが良い。クリームのようなテクスチャ。
  • ヒビプロLP⇒黄色くてベトベト。軟膏のようなテクスチャ。

私は口角炎になると、唇のまわりも真っ赤でかなり荒れた唇になってしまう(まるでピエロ…)なのでヒビプロLPのほうがしっかり覆ってくれるので好きなんです。

が、

いかんせん軟膏のようなテクスチャですので、口周りテカテカマンになってしまいます(笑)

天ぷら食べた?

その点モアリップは白くて伸びもいいので、たくさん塗ってもヒビプロLPほどテカテカマンにはなりません。「唇しっとりしてる人」程度。

違い②チューブ先

チューブにも違いがあります。

  • モアリップ⇒中身が出る穴が小さい。先が丸くなっているのでそのまま唇につけてグリグリできる。(デメリットは口紅やファンデがチューブ先について汚くなってしまう点)
  • ヒビプロLP⇒中身が出る穴が大きい。指に多めに出して、唇に厚めに塗れる。(デメリットは指で塗るため、手を洗ってからしか塗れないので外出先で手軽には塗れない点)

ヒビプロLPを直塗りすることもできるんですが、量が調整しづらいのと、角が丸くないので唇が痛いです。

唇にブチュッと出して指で塗り広げてもいいのですが、それなら最初から指に出して塗るのと同じですよね。。

モアリップとヒビプロLPどっちも買って、併用するのがおすすめ!

上記のように、モアリップとヒビプロLPは成分が同じといえどメリットデメリットがあります。そして辿りついたのが、モアリップとヒビプロを併用する方法。

私ははじめモアリップだけを使っていたのですが、それだと一瞬は良くなるものの完全回復には何週間もかかっていました。

ヒビプロLPも使うようになってからは、唇が一気に回復!

キヌーナ
キヌーナ
これまで何週間もかけて治していた口角炎が、2〜3日で治るようになりました。

日中、持ち歩きにはモアリップを

日中におすすめ!

日中に使うにはやっぱりモアリップが手軽でおすすめ。チューブからそのまま唇に直塗りできるのはやっぱり楽!値段もヒビプロLPより安いです。

ただ、モアリップはヒビプロよりもさらっとしているので、すぐに唇がまた乾いて何度も塗り直しをしなくてはいけません。

それと、さっきも書きましたが口紅やファンデ(口周りまでぐりぐり〜!っと塗った場合)がチューブ先についてしまったらティッシュで拭き取る手間もあります。

夜、自宅ではヒビプロLPを

寝る前におすすめ!

日中、唇が乾くたびに何度もモアリップでケアしたら、夜はヒビプロLPでしっかりケアしましょう。

ヒビプロLPは軟膏のようにベッタリしているので、これを厚めに塗って一晩寝れば、朝にはかなり良くなってます。

キヌーナ
キヌーナ
唇の薄皮が剥がれて、内側からきれいな唇が出てくるよ!

塗るときのポイントは、唇に小さくくるくると円を描くようにしながら「成分よ届け届け〜」と念じながら丁寧に塗り込んでいくこと。しっかり隅々にまで届くように塗り込みます。

ヒビプロLPはべっとりとしていて唇へのラップ効果があるので、モアリップのようにすぐには乾きません。

どちらか1つならヒビプロLPがおすすめ

モアリップの方が有名だし人気があるのですが、個人的にどちらか1つ買うとしたらヒビプロLPがおすすめ!

中身は同じ成分でできていますが、ヒビプロLPのほうがワセリン基剤が多く軟膏のようにベットリしているので蒸発しない。長い間唇に留まってくれるからずーっと効果が持続!

  • 唇テカテカマンになる
  • 指で塗らないといけないから手を清潔にしてからでないと使えない

というデメリットもありますが、少しでも早く治したいのならヒビプロLPがおすすめです。日中マスクをしている人なら、テカテカも気になりませんね。

まとめ

以上、私なりのモアリップとヒビプロLPの使い方について書いてみました。

ヒビプロLPは田中みな実さんが雑誌で紹介していたのをキッカケに使ってみたのですが、モアリップよりも口角炎が早く治ってびっくり!

「もうヒビプロLPだけ買おう」と思っていたのですが、ベトベト具合に苦戦し、結局日中はモアリップを使うようになりました。

この2つは各3回以上リピートしている、超お気に入り(というか無くなっては困る)アイテムです。ぜひお試しあれ〜〜

そういえばIKKOさんおすすめのニベアのリップバームも買ってみました。良ければまたレポしますね♩

TVで紹介された、IKKOさんおすすめリップバーム

ではまた〜!