ネットで話題になった、鼻の黒ずみや角栓を取る20の方法

少し前に話題になったオロナインパックを初め、毛穴汚れを取る方法って調べればたくさん出てきますよね。

もう何をやったらいいのかわからない!

なんて人も多いのではないでしょうか?実は私もその一人。そこで、話題になったもの、効果のありそうなものを徹底的にまとめてみました。
毛穴のポツポツ、黒ずみに悩む人は是非試してみてくださいね。くれぐれも”やり過ぎ”にはご注意を。

【ステップ1】毛穴を開かせる

まず、毛穴汚れを取るために毛穴をしっかり開かせましょう。温めることによって毛穴汚れや毛穴周りの皮膚がゆるみ、角栓が取れやすくなります。ステップ2の効果を最大限に引き出すためにもステップ1はとっても大切です。

蒸しタオルをつかう

水に濡らしたタオルをかたく絞り、きれいなお皿にのせてレンジで1分加熱します。タオルの端を持ってをパタパタと冷ましてから顔の上に乗せ、そのまま3分放置します。
蒸しタオルがうまく作れない場合は、濡らしたタオルをラップで包むかジップロックに入れてからチンするとうまくいくそうです。

鍋の蒸気を浴びる

    1. 鍋に水を入れて沸騰させます。

※このとき精製水を使ったり、水にカップ1杯の日本酒米のとぎ汁を入れると美容効果がUPします

  • 鍋をテーブルに置き、頭からバスタオルをすっぽりとかぶって顔を湯気にあてます
  • 2,3分、鍋に汗がしたたり落ちるくらいに蒸気を浴びましょう。

 

タオルをかぶるのは蒸気が外に逃がさないためです。
蒸しタオルよりもこちらの方が毛穴が開きやすいので蒸しタオルで物足りなかった人は試してみてください

スチーマーを使う

美顔器を持っている人はスチーマー機能をつかうのが手っ取り早いですね。

【ステップ2】毛穴の汚れ、角栓を取る

毛穴がしっかりと開いたらいよいよ毛穴に詰まった汚れを取っていきます。どの方法の場合も仕上げのすすぎ洗いは十分におこないましょう

オロナインパック

一時期ネットで”引くくらい角栓が取れる”と話題になったのがこのオロナインパック。毛穴パックの前にオロナインを鼻に塗る美容法で、オロナインに含まれる油分が毛穴汚れと混ざり、角栓が取れやすくなります。また、オロナインには殺菌作用もあるため、ニキビケアにも効果的。毛穴パックを使うのに抵抗がある人は、夜寝る前に鼻にオロナインを塗って寝るだけでもいいそうですよ。準備するのはオロナイン軟膏と毛穴パックの2つだけです。


オロナインパックのやり方

  1. オロナインH軟膏を鼻全体にたっぷり塗り、10~15分放置します。
  2. 油分をしっかり落とすため、37℃くらいのぬるま湯でしっかり洗い流します。
  3. いつものように毛穴パックをします。

ホームメイド毛穴パック

strong><毛穴パックが手元にない!というときは、家にある材料でホームメイド毛穴パックを作ってみましょう。シートタイプの毛穴パックよりも効果がおだやかなので、顔全体に塗っても大丈夫。角栓を取り過ぎるのが怖い、少しずつケアしていきたい、という人におすすめです。
どのパックも工程はほぼ同じで、

  1. 材料を塗りやすい硬さまで混ぜる
  2. 鼻に塗って10~15分置く
  3. ぬるま湯でしっかりすすぐ

という3ステップなので簡単。ホームメイド毛穴パックは作ったらその日のうちに使い切ってくださいね。

重層パック

【材料】重層大さじ1に、団子くらいの硬さになるまで水を加えて混ぜる

ゼラチンパック

【材料】粉ゼラチン大さじ1に牛乳大さじ2(全顔の場合の量)を入れて混ぜ、レンジで10秒チンしてできあがり

ヨーグルトパック

【材料】無糖ヨーグルト大2、オリーブオイル2,3滴

緑茶パック

【材料】粉状の緑茶と小麦粉を1:1で混ぜ合わせ、団子くらいの硬さになるまで水を加えて混ぜる

小麦粉パック

【材料】小麦粉に、団子くらいの硬さになるまで水を加えて混ぜる

酵素洗顔

毛穴汚れがさっぱりがきれいになる!とSNSで話題になっているのが酵素洗顔です。パイナップルやパパイヤに含まれる酵素にはタンパク質を分解する働きがあるのですが、実は毛穴汚れの原因である古い角質はタンパク質。酵素入りパウダーで洗顔をすると古い角質を分解し、汚れを取れやすくしてくれるのです。鼻だけでなく、顔全体を洗えばくすみが取れて肌がワントーン明るくなるのでおすすめです。酵素の働きがよくなるようぬるま湯を使うのも忘れずに。普段の洗顔料に混ぜて使うこともできるので、いつものスキンケアに取り入れやすいですね。

一番人気なのがカネボウのsuisaiという商品。1回ずつ小分けになっているので衛生面も優れています。


コーセーから出ている肌極の酵素パウダーも人気で、こちらの方が洗い上がりがさっぱりします。

ガーゼ洗顔

柔らかい糸で作られたガーゼで優しく角質の汚れを絡めとる方法です。毛穴が開いている入浴中におこなうのがオススメ。
やり方は簡単。

  1. 洗顔料をガーゼで泡立てます。
  2. ガーゼを指に巻き付け、鼻をくるくるとマッサージします。
  3. 2,3分したら洗い流します。

赤ちゃん用のガーゼのほか、ガーゼ洗顔専用のガーゼも発売しているのでチェックしてみて下さい。

マイクロクロス(めがね拭き)洗顔

ガーゼ洗顔と同じく、細かい繊維で角質を絡めとる方法です。マイクロクロスはガーゼよりも細かい繊維なのでより効果が期待できます。
やり方はガーゼ洗顔と同じで、

  1. マイクロクロスを洗顔料で泡立てます。
  2. クロスを指に巻き付け、鼻をくるくるとマッサージします。
  3. 2,3分したら洗い流します。

マイクロクロスやめがね拭きは100均にも売っていますが、ネットでは洗顔専用のマイクロクロスも売っています。

オリーブオイルマッサージ

食べてよし、塗ってよし、と人気のオリーブオイルですが、毛穴汚れにも効果があるようです。
やり方は、エキストラバージンオリーブオイルを鼻の黒ずみが気になるところに塗り指でくるくるとマッサージし、しっかりと洗い流すだけ。一度に取ろうとはせず、根気よく毎日続けるのがコツです。

【ステップ3】毛穴を引き締める

汚れを取った毛穴は口をぽかんと開けた状態。このままにしておくと毛穴が開いて見えてしまうし、空気中の汚れも入りやすくなってしまいせっかくキレイになった毛穴がまたすぐに詰まってしまいます。毛穴をキュッと引き締めましょう。

保冷材を使う

ケーキなどを買ったときに付いてくる保冷材は冷凍庫は大活躍。数秒ずつ角度を変えながら鼻全体に当てていきます。冷たすぎるという人は保冷材をガーゼやタオルにくるんで使いましょう。

冷やしスプーン

冷蔵庫で浸したスプーンを使って鼻をパッティングします。氷水を用意して、スプーンをその都度冷やしながら行ってもOKです。

炭酸水コットンパック

冷蔵庫で冷やした炭酸水(無糖のもの)をコットンにたっぷりと含ませ、鼻にパックします。

【ステップ4】保湿をする

最後はたっぷり保湿をしましょう。乾燥していると、皮脂腺から新しい皮脂がどんどん作られてしまいます。余分な皮脂を作らせないためにも、肌にうるおいを保つようにしましょう。

2017年、1番感動したスキンケア

私が今年試したトライアルセットの中で、1番効果があって感動したのはドモホルンリンクルでした。

ドモホルンリンクルお試しセット

【無料お試し】ドモホルンリンクルを本気で使ってみた結果

今まで勧誘怖いとか思っててごめんなさい‼︎(←チェックを入れれば電話はこない)5,300円相当が無料って本当にお得すぎたし、翌朝のもっちりプルン肌がやばかったです。まだの方はぜひ^^